mellow monk connection

「Think Twice(feat.Nao★)」

2017年7月に「規則性」をリリースし、本格的な活動を開始したMellow Monk Connectionが多彩なゲストを迎えた2nd single「Think Twice」を前作から期間を空けずにリリースする。
1st singleである「規則性」ではプロジェクトのキーワードでもある「メロウ」に重点を置いた、アーバンソウルなテイストを十二分に発揮していたが、今作では一転して超アッパーなビートと、3MCによるエッジの効いたラップの応酬を最新系のミクスチャーHip Hopとして展開している。
ソーシャルネットワークが隆盛極まる現代において、コミュニケーションや情報のインタラクションは加速度を増し続けている。それを扱う我々人間は時にその情報量に圧倒され、限界すら感じて疲弊するる事もしばしば。「Think Twice」で語られるリリックは、そんな空気感に対して冷静に世界を俯瞰しながらメスを入れる様に、リスナーへ「少し立ち止まって、よく考える」事の必要性を投げかけている。そして今回はそうした3sykとPGのメッセージにゲストMCとして参加したNao★(Who the Bitch)が瑞々しい言葉で楽曲に「奥行き」を与え、より立体的な詩の世界感が浮かび上がる。Who the Bitchでは常に疾走感溢れるベースとエモーショナルな歌を披露しているNao★だが、本作では全編を通してRapを行なっており、BONKIN’CLAPPER時代から彼女を知っているリスナーにとっても嬉しい作品になると思われる。
そして今作ではhATCHによるトラック面での充実ぶりも特徴の一つとなっている。BassにはnoTOKYOの安藤健作、Drumは空手コンドル/E.P.OのKen-SEA、ScratchなどでDJ hitと多数のゲストミュージシャンをフューチャー、旧知のメンツで練り上げられた生演奏のグルーヴ感を基盤に、まさに「2020年代のミクスチャー音楽」と言っても過言ではない充実したトラックに仕上がっており、ジャンルを超えて幅広いリスナーが楽しめるものとなった。
前作と真逆のアプローチとなるアッパーチューンで、その振り幅の広さを証明するMello Monk Connectionの2nd single「Think Twice(feat. Nao★)」、彼等のメッセージをぜひともチェックして欲しい。